こんにちは、いなみです(´ω`*)

 

 

早くももう秋ですね。

うちの子は10月に運動会と運動会が終われば秋の遠足があります。

 

この両方に共通するものが「お弁当」ですよね。

私はずっと子どもを保育園へ預けていたのでお弁当を作る習慣がほとんどなかったのでキャラ弁なんてハイクオリティなお弁当が作れません。

 

そんなキャラ弁なんて難しいものを無理にチャレンジしなくても十分美味しそうに作る方法を私なりに考えたのでご紹介したいと思います(*^-^*)

 

スポンサーリンク

お弁当に入れる配色は赤・黄・緑が鉄則!

 

私が子どもにお弁当を作るうえで絶対的に意識していることがあります。

それがこの3色をお弁当に入れることを鉄則としています。

 

この上部のイラストを見て頂くと分かって頂けるのでは?と思うのですが、この私の鉄則カラーが入っているお弁当ってイラストであってもとっても見た目が鮮やかで美味しそうに見えませんか?

 

例えば子どもが好きそうだ、という理由で入れるおかずって大体ハンバーグや唐揚げ、生姜焼き・焼き肉炒めだったりとかなり茶色い食べ物ばかりに偏ってしまいます。

子どもとしては好きなものがたくさん入ってい喜ぶかもしれませんが、見た目は茶色ばかりなのもちょっと……と思うのと親としてはお野菜も食べて欲しいですよね。

 

そんな時にという色味を意識するだけで彩りのいいお野菜もしっかりいれられるお弁当になります(*^-^*)

 

赤・黄・緑ってどんなの入れればいい?

我が家がお弁当のおかずとして入れる赤黄緑のおかずを紹介したいと思います(*^-^*)

赤色のおかず
  • ミニトマト
  • 赤ウインナー
  • カニカマ
黄色のおかず
  • トウモロコシ
  • 卵焼き
  • ポテトサラダ
のおかず
  • レタス・サニーレタス
  • きゅうり
  • 枝豆
  • ブロッコリー
  • アスパラガス

赤色ってあまり種類がないので入れるモノがワンパターン化しやすいですが(^-^;

 

スポンサーリンク

私が思うオシャレにみえる一工夫

私がお弁当作りで鉄則にしている3色以外に、あるひと手間がオシャレに見える方法があります。

 

見栄えを良くする方法その1

それがレタスあるいはサニーレタスをおかずの下に引くことです(^o^)丿

単純なんですが全体に緑が行き渡ると見栄えがグッと鮮やかでオシャレに見えます。

 

完全におかずのしたに敷ききってしまうのではなく仕切りのバラン代わりのようにサニーレタスを敷くといいです。

 

見栄えを良くするその2

 

クッキーの型抜きでハムを好きな形に抜く。

 

我が家には100均で買ったクッキーの型抜きがあったので試してみたら簡単で綺麗に飾りができたのでとってもオススメです!(^o^)丿

ハート形や星形、クマ型・ウサギ型などあるので簡単便利!

最後に

お弁当を作り慣れていない人には本当に難しいお弁当作り。

 

ましてや子どもが持っていくお弁当はクラスのお友達と見せ合いっこしたり、有難迷惑とは言いませんが担任の先生などが記念に子どもとお弁当を一緒に撮ってくださったりするので否が応でも記録に残されやすいです(笑)

 

ただ今回私が紹介したのこの3色を外さずお弁当を作ればそこまで難しくなくお弁当が作れると思います(^o^)丿

ランキング参加中!
クリックしてもらえると喜びます(●´з`●)
 ブログランキング・にほんブログ村へ

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

こちらの記事もオススメ!